URARA

UENO

エンターテイメントに
愛を込めて

ーー入社したキッカケは?

実は、前の会社にいた時にfaniconのビジネスメンバーから「上野さんが担当しているアーティストさんでfaniconをやりませんか?」と提案を受けたんですよね。(笑)
最初は、「そのアーティストにfaniconをやってもらうのは、難しいなぁ」と思い、「実施するのは、難しい」と返答したんです。でも、この『fanicon』というサービス自体には、非常に魅力を感じたので、「もっとこうしてはどうか?」「fanicon内でこんなことしたら、やってくれる人が増えるんじゃないかな?」など、アドバイスをしました。
faniconは、発展途上のサービスだったので、私の中で「こうしたい欲求」がでできて、アイディアがどんどん湧き出て、おこがましいかもしれませんが、当時は勝手に「faniconには、私が必要なんじゃないか?」と思ってしまったんです。(笑)
そこで、これはもう彼らと一緒に働くしかない!と。
ただ、私は結婚もしてるし、子供もいるし、男性社員が多い、スタートアップのベンチャーへの転職だし。。。ちょっと働き方がハードかも?と足踏みしてた時期も正直ありましたね。女性の転職は難しいのかな、と。
でも、それ以上に、サービスと一緒に働く人に魅力を感じてしまっていて、私の「片想い状態」が続いていたんです。
そんな時、代表の平良と話す機会を持つことができ、私のライフステージや家庭環境の理解も得られ、「両想いになった!よし、THECOOへ行こう!」と決心しました。
あと平良は、所謂、世間一般的なイメージの「ザ・IT社長」(?笑)ではなく、音楽や映画などのエンターテイメントに非常に愛がある人だなと感じたのも、入社決意をしたきっかけでもありました。
前職が音楽業界でしたし、私自身もエンターテイメントの世界で育ててもらったと思っているので、そこに愛がある人ではないと、転職していなかったかもしれません。

ーー入社後、困難に感じたことは?

IT・WEB業界出身者が多いので、使う業務ツールが多いこと!
業務内容やコミュニケーションの種類に応じた使用ツールが多くて、最初はビックリしました。Slackなどのチャットツールも使ったことがなかったので「これは、ついていけるのかしら。。。」とちょっと不安でしたね。
そして、そのようなツールを駆使して各社員が業務にあたってるので、みんな仕事のスピードが早いこと。それに加え、社長との距離が近いので、意思決定も速いですしね。情報共有の量も多く、最初は戸惑いました。正直、パニック状態。(笑)
でも、ツールに関しては使い慣れてきたらすごく便利なので、すぐに慣れましたね。
今では、後から中途で入ってきた社員でツールとスピード感に戸惑ってる人がいたら、「大丈夫だよ、すぐ慣れるから!私でも使えるようになったし!」と安心させてあげています。

エンターテイメント × IT の架け橋に。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

fanicon自体を世の中のみんなが知っているサービスにしていきたいですね。日本国内だけでなく、海外でも使われている状態とか理想です。
今のチームは優秀な人が多いし、私自身も非常にポジティブな人間なので、そういうサービスにしていくのは可能だと考えています。
あと、前職は音楽業界にいたので、IT/WEB/アプリなどに興味を持ってるけど、それを駆使しきれてない人達との架け橋になりたい。
ITへアンテナ張ってる人ももちろんたくさんいて、そういう人たちは問題ないかもしれませんが、ITに抵抗ある人も結構いるんですよね。そんな人達へ「通訳的存在」になれるような仕事をしたいですね。ITを使いこなせば、もっとアーティストやクリエイターの活躍する場を増やせると思うから。
あと、faniconは、アーティスト・クリエイターという「人」だけじゃなく、音楽・映画・番組などのコンテンツでも使えるアプリだと考えているので、そこにも挑戦していけたら、楽しいかも! 

頭を柔らかくして議論し合える人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

自分の意見をしっかり言える人。
THECOOの人間は、とにかく意見をバンバン交わしますね。そんなカルチャーに馴染めるような、頭の柔らかく、発想力豊かな人と一緒に働きたいです。
年齢、性別、役職関係なく、アドバイスしたり助け合ったりしてる仕事環境なので、受け身じゃなく能動的な人が合ってるかも。
今まではできてないけど、それにチャレンジしようとしている人でもいいと思います。

ヲタク。何かに熱中している人。
精神的にも、体力的にもタフな人。

fanicon事業本部ビジネス開発

上野 麗 / URARA UENO

フェリス女学院大学 文学部卒業。
株式会社ワーナーミュージック・ジャパンに入社、TV・ラジオ・雑誌などの宣伝業務を経験。その後、株式会社日音にて、映画・アニメ・TV番組等の音楽コーディネート、プロデュース業務に携わる。
2018年11月THECOO株式会社へ入社。
現在は、fanicon事業本部ビジネス開発事業部にて、エンターテイメント業界に向けて、サービス企画・開発業務にあたる。

Interview

社員インタビュー

Recruit Information

採用情報