MAYA

SEKINE

ユーザーからのダイレクトな
反応

ーー入社したキッカケは?

前職は、内線電話やコールセンターのシステムなど、法人向け音声製品に関するプロダクトの販売促進を業務としてました。社内のSEや販売店向けに音声製品の販売講習会、紹介を行っていたプロダクトマネージャーです。
新卒入社時に、音声製品のアプリ開発のプロマネチームに配属されました。そのチームにジョインしたかったので、配属された時はすごく嬉しかったのを覚えています。ですが、その後、配属異動により、アプリチームから離れてしまったんです。元々、アプリの事業に携わりたい気持ちが強かったのですが、エンジニアというよりは、SE職として働きたかったんです。機能開発や改善点を纏めて、エンジニアに伝達する、といった仕事をすごく楽しんでいた矢先の異動だったので、非常に残念に思ったのを思い出します。
異動先の部署では、毎日の業務がほぼ資料作成でした。古くからある会社で所謂日系の大企業だったので、新しい何かを作っても昔からある既存のフォーマットに結局変更されたりとか。(笑)
アプリ開発チームの上司も先輩も皆さん大好きで、非常に尊敬してたのですが、皆さん配属移動でバラバラになってしまい。。。そこで、転職を考えだしました。
とはいえ、初めての転職だったので、色々な会社を半年くらいかけてみてました。で、やっとTHECOOに出会えました。
THECOOではエンジニアのメンバー全員との面接でした。全員と面接と聞くと、ハードル高いように思えますが、これから一緒に働くチームメンバー全員とお話させて頂けたのは、私にとっては非常にポジティブでしたね。

ーー入社後、困難に感じたことは?

現在、PMサポートとして、プロダクトマネージャーのサポート業務にあたってます。具体的には、アイコン(※faniconアプリ内でコアファンを持つタレントやインフルエンサー)・ファン側からの問い合わせ対応、データ作成・売上集計、あと、インターン生のマネジメントを行っています。
元々、法人向け製品に関する業務の経験しかなかったので、toC向けのアプリ製品でユーザーからダイレクトに反応が来ることに慣れていませんでした。その点は、最初は少々戸惑いましたね。
小中高生が主なユーザーなので、そういった方々へ技術面でのサポートに関するお話を的確に伝えるのが難しいと感じます。前職で、エンジニア向けに技術の説明をしていた時のような共通言語がある状況とは今は異なるので伝え方を工夫することにフォーカスしています。今では一般ユーザーの気持ちを汲み取ることに日々奮闘しています。

❝ココロオドル❞ アプリ開発。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

やっぱり、アプリ開発に魅力を感じるので、当面はアプリ開発に携わっていきたいです。特にtoC向けのアプリ開発を今は、非常に楽しんでいます。
世界中の、みんなの、自分のスマホに必ず入ってるアプリ。そんなアプリ開発に自分が携わっているって「ココロオドル」な、と。(笑)

相手を想うコミュニケーション。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

コミュニケーション大事にする人。
お互いを高めあうことができる人。

相手の気持ちを汲み取って、相手の想いを深堀してコミュニケーションとろうとする人。この会社に入ってから、私自身もそこから考えられるようになりました。
仕事面だけではなく、普段の自分の考え方も柔軟になったような気がします。

fanicon事業本部開発部/PMアソシエイト

関根 麻耶 / MAYA SEKINE

中央大学大学院 理工学研究科卒業。
日本電気株式会社へ新卒入社。音声製品のアプリ開発事業においてPMチームへ配属。アプリの機能開発や改善業務に携わる。
2018年12月より、THECOO株式会社に入社。
現在は、fanicon事業本部開発部にてfaniconアプリのPMアソシエイトとしてユーザー対応全般からデータ分析など幅広い業務にあたる。

Interview

社員インタビュー

Recruit Information

採用情報