YURI

SUGIYAMA

視点を変えて
未知の世界へ

ーー入社したキッカケは?

前職は、女性向けWEB動画メディアで、動画制作のディレクターをしていました。しかし、途中で会社の経営方針が変更になり、携わっていた提供サービス自体がガラっと変わってしまい、動画制作の業務ではなくなってしまったんです。
そんな時、THECOOの採用ページを見て、面白いサービスをやっている会社だな、と思ったのがキッカケです。普段からYouTubeの動画は見ていましたが、「YouTuberの世界」となると未知の世界だな、と思いワクワクしたんですよね。
社長筆頭に、採用ページに載っている方々も非常に魅力的に感じて、尊敬できる上司・魅力的な仕事仲間に出会える気がしました。それまでは、自分自身が動画制作をしたいという一心でしたが、視点を変えて動画を制作する方々やクライアントのビジネスを支援できるような仕事も面白そうだな、と感じるようになりました。
実際THECOOのメンバーに会って、入社面談の時点で、人を大事にする人たちなんだな、というのがすぐ感じ取れました。
面談する前に「経営陣は皆さんGoogle出身者です」と聞いて、取っつきにくい敷居の高い人たちに違いない、と緊張してたんですよね。いざ当日オフィスに伺ったら、皆さん非常にフランクで、喋りやすく、いい意味で裏切られましたね(笑)話す内容は非常に情熱的、且つロジカルで、そこも魅力的に感じました。
面談前に採用ページを見てた時の漠然としたイメージ「魅力的な仕事と仲間に出会えそう」というのが、的中したなと(笑)

ーー入社後、困難に感じたことは?

実は、入社当初、「マーケティング業務」に携わりたかったんです。マーケティングの経験はなかったので、面接で「あなたが考える、『マーケティング』って何だと思います?」の質問に上手く答えられなかったんですけどね(笑)
今はTHECOOの、いわゆる「マーケティング担当」ではないですが、THECOOの企画セールスとして、クライアントのマーケティング施策の提案業務を通して、日々マーケティングの勉強をさせてもらってます。その中でも、クライアント側の求めることに対して、クリエイター側のクオリティをどこまで持っていくか。この点が、非常に難しいと感じてます。
クリエイターの個性も出してあげたいですが、一方でクライアント側の希望するクオリティ、イメージも保つべきですしね。本質的には「マーケティング施策を通じて、クライアントのビジネスをいかに伸ばすか」を考えていきたいな、と思います。

人と関わることが、自分の励みになる。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

私は、元々店頭に立って販売をやっていた経験もあるので、人と関わるのが好きなんですよね。元同僚のスタッフから聞くところ、今でも当時のお客様が以前私がいた店舗に定期的に遊びに来てくださって、「杉山さん元気ですか?」と気にかけてくださっているようで、とても嬉しく励みになります。引き続き、多くの人に関われる仕事をしていきたいですね。
今はフロントに出て、toB向けのセールス業務をすごく楽しんでます。
数字・業績・成果などマーケティングのセールスに関しては、目に見えて反映されるので、私にはすごくわかりやすく、何より数字が伸びていくのがすごく楽しいですね。
当面は、toBのセールスでクライアントの目線に立って、ビジネスを伸ばせるようにひたすら頑張ります!

常に前向きな人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

常に前向きな人。私自身がポジティブな人間なので。
自分の個性・特技を理解して、「それを活かせる人」「分析が得意な人」「フロントに立つのが得意な人」「サポートが得意な人」、色んな人がいると思います。その自分の特性を理解し、チーム内で立ち回れる人が魅力的だと思いますね。
あとは、成長意欲がある人。

インフルエンサー事業部セールス

杉山 由莉 / YURI SUGIYAMA

長崎県出身。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
大学卒業後、FDCフレンズ株式会社に入社。ブライダル専門店にてブライダルリングの店頭販売を行う。2016年動画メディアへ転職後、動画制作におけるディレクション全般を経験し、2017年11月THECOO株式会社へ入社。
現在は、toB向けのサービスとしてインフルエンサーマーケティング施策の企画立案、ディレクションを行う。

Interview

社員インタビュー

Recruit Information

採用情報