TAIZO

KODERA

エンジニアの
やりがい

ーー入社したキッカケは?

一切の制約や困難をはねのけて「新しいサービスを生み出す」という気概を感じたから。
元々、受託でシステム開発をしていて、いろんなサービスを作ってきました。 そのすべてのサービスに全力で取り組んできたのですが、受託の性質上、開発が終わるタイミングが必ずあって、 そのたびにシステム開発や、チームビルドがリセットされることを苦痛に感じるようになりました。
100%自社開発でエンジニアに限らず、社員全員、全力でサービスの構築に取り組むことが出来ると思い入社を決めました。

ーー入社後、困難に感じたことは?

入社して思ったのが、自分の担当範囲の線が見当たらなかったことですね。
フルスタックなエンジニアリングが求められること。 サービスが正常に稼働するためのすべてが担当範囲で、アプリケーションやインフラ、運用など、 広大な領域の中で、必要なスキルはその場で身につけていく必要がありました。 抜けてるスキルの穴埋めの他にも、度重なるチャレンジで成長していけるというのは魅力でもあります。

好きだからこそ没頭する。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

毎日毎日システムのことばかり考えていきたいです。 「iCON Suite」という強力なサービスを生み出したところで、それを業界を動かすようなサービスに発展させたいですし、 BtoCという分野で多くの人を楽しませるようなサービスを作りたいとも思ってます。 プログラミングの世界ももっともっと追求したいですし、ハイレベルなエンジニアチームのビルドというのも積極的にやっていきたいです。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

面白い人が良いですね。 無難とか、妥当とか、そういうのは置いておいて、 斬新奇抜なアイデアを一緒に笑いながら実現できる人と働きたいです。

開発部エンジニア

小寺 泰三 / TAIZO KODERA

福井県生まれ、東京電子専門学校卒業。
大手金融系のSIerから、受託開発企業に転職。プログラマとしてWebアプリケーション開発のキャリアを積む。2016年、THECOOに入社し「iCON Suite」を開発。Ruby on Railsのエキスパート。

Recruit Information

採用情報