KOYA

TAKEI

理解しあえる
“仲間”がいる

ーー入社したキッカケは?

入社したキッカケは、社長含めた一緒に働く「人」です。
私が入社した当初は、現在のようなウェブサービスがあったわけではありませんでした。むしろサービスを考えて、世に出していくことを仕事として入社しました。その過程では、日々議論しあえる仲間、常にいたいと思える仲間が必要だった為、人という部分を一番に考えていました。
もちろん前職から知り合いだったこともあり、人間的に理解していたのもありますが、一緒に働いてて楽しいんだろうなーと思えたことが一番のきっかけです。

自由、ゆえの難しさ。

ーー入社後、困難に感じたことは?

自由度合が非常に高いことだと思っています。
裁量が大きい方がいい、自由な環境で仕事をしたいと思う人が多いのではないかと思います。 もちろんやりがいはすごくあり、自分で決めた目標を達成した時の喜びは非常にあります。
しかし、早く決断を下していくこと、どのように決断をするのか、自分の中でやっていいこと、やってはいけないことの線引きなど、すべてを調整しながら仕事をやりくりしていくことに最初のうちは苦労しました。
ただ、これだけ信頼して任せてくれる経験に感謝することで、自分自身が成長していると感じているのも事実です。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

正直、将来を見据えたときしていきたい仕事がないです(笑)
現在の環境を大事に、いろんな人との出逢いから、いろんな仕事を新しく生み出していきたいと思っています。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

THECOOの社員と話をした中で、一緒に働きたいと思っていただけた方であればウェルカムです。

インフルエンサー事業部インフルエンサーマネジメント 執行役員

武井 公也 / KOYA TAKEI

慶應義塾大学大学院理工学研究科卒業。
2011年にグーグル株式会社に入社。Google AdWordsのコンサルティング営業、Googleアドテクノロジープロダクトのコンサルティング営業に携わる。広告営業本部の営業体制の確立、及びアドテクノロジープロダクトの拡販体制の確立に貢献。
2014年7月よりTHECOO株式会社に参画。