KENSAKU

NAKAYAMA

“成長” と “存続”
両方に責任を持つ

ーー入社したキッカケは?

Google ではゼロからモバイルアプリ業界向けの営業チームを作りました。当初は、Google Play チームへ異動し全てのアプリの情報を頭に入れてアプリ会社を起業しようと思っていましたが、その前にTHECOO に寄り道してみようと思いました。ちょうど立ち上げ期に営業のエキスパートがいなく、得意分野で貢献出来ると思ったこともキッカケです。ひとりひとりの権限が大きい会社なので、将来的に起業を考えている人にとっては良い疑似体験が出来ると思います。

ーー役割は?

お金を稼いできて会社を存続させるという “守り” の要。また、最も間近でお客さんとの接点となり自社プロダクトに市場のニーズをフィードバックする “攻め” の役割。

ーー入社後、困難に感じたことは?

短期的な利益と中長期的な会社の成長のバランスをとること。営業をみている以上、目の前の売上を追うことは絶対ですが、一方で会社の成長に繋がらない仕事は受けるべきではないというジレンマは常にあります。

自分らしく、誇らしく。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

子供や孫に誇れる仕事。例えば、メンバーに対してでも、自分に対しても嘘のない正直な姿勢で常に仕事に取り組みたいです。自分に正直なスタイルで働きつづければ、今後どんな仕事をしていくにしても、自分の子供や孫に誇れると思います。

諦めない人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

諦めそうになったときに、横目で “諦めない人” を見て、もう一回自分も前を向こうと思わせてくれる人。平たく言うと「負けてらんないな!」って思わせてくれる人ですかね。そうしたら、相乗効果が生まれ、お互いが成長し続けられると思います。

インフルエンサー事業部営業 執行役員

中山 顕作 / KENSAKU NAKAYAMA

東京大学理学部卒 同大学院修了。
2012年にグーグル株式会社に入社。グーグル株式会社初となるモバイルアプリ業界専任営業チームを立ち上げアジア太平洋地域を管轄、アジアパシフィックのモバイルアプリセールススペシャリストとして活躍。
2014年6月よりTHECOO株式会社に参画。