KENICHI

ICHIMURA

もっと自由に
表現したい

ーー入社したキッカケは?

前職では、制作会社でwebのデザイナーをしていました。まずは、自分のデザインセンスや技術力を上げるためにとにかく数をこなしていました。当時は完全受注だったので当然クライアントがいて、デザインする際はクライアントの要望に沿ったデザインをします。
しかし、「もっと自由に表現したい!」というデザイナー・クリエイター魂のようなものが沸々と湧いてきて(笑)自社サービスやプロダクトを持っている会社なら、より自由に表現できるのではないかと転職活動を始めました。そんな時、ちょうど声をかけていただいたのがTHECOOでした。

ーー入社後、困難に感じたことは?

実際、入社してからすぐに自社プロダクトである「iCON Suite」のデザインをしたのですが、サイト設計に関して、前職では当たり前にあった「クライアント要望」のようなサイトの概要がなさすぎたのが戸惑いました。というか、なにもない(笑)
0から作ることができるのは、楽しさや自由さを多く感じられますが、その分なにもないところから新たにモノを生み出すのがすごく難しいです。でも、やりがいは非常に感じます。
社内のみんなが自分のデザインに信頼をおいてくれているのは、ひしひしと感じるので、今後も技術・センス・知識に磨きをかけ、期待に応えていきたいです。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

フロントエンドの技術にも挑戦していきたいです。WEBサイトにもっと動きが出るようなリッチなデザインを表現するには、フロントエンドもこなせるようなスキルが必要です。そうすれば、もっとユーザーの印象に残るようなインパクトのあるサイトが出来ると思うんですよね。デザイン技術をもっとブラッシュアップしつつ、フロントエンドの技術を身につける。これが当面の目標です。
単純なことですが、人ってダサいサイトは見たくない、どうせ同じ情報を得るならみんなイケてるサイトを見たいですよね?THECOOのプロダクトデザインもイケてるものにして、もっといろんな人に見てもらいたいと思います。

何か一つでも「持ってる」人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

「自信」「技術」「センス」「運」「野心」「熱意」「伝説のサヨナラ男」…何でもいいと思います。何か一つでもいいから、他人より頭一つ抜きん出ている人と一緒に働きたいです。

開発部デザイナー

市村 賢一 / KENICHI ICHIMURA

4年制大学建築学科卒業後、デザインの専門学校へ。専門学校を卒業後にはweb系のデザイン制作会社に入社。主にファッション系のwebサイトのデザインからコーディングまでを制作。
2016年7月よりTHECOO株式会社に参画。