HIROYUKI

NISHIMURA

“君の
活躍できる場が
うちにはあるよ”

ーー入社したキッカケは?

活躍できる場があるといわれた。
社長の「とにかく全員でサバイブするぞ!」という言葉に惹かれました。 前職で自分の仕事にちょうど悶々としている時に、代表の平良に「君の活躍できる場がうちにはあるよ」って声をかけてもらい・・・。 特にスタートアップに転職したかったわけではないのですが、「何やっても絶対〝サバイブ‶ するから、大丈夫だよ」っていう言葉に、心を鷲掴みにされてしまい(笑)
あと、COOの下川とも以前一緒に働いていたことがあるので、彼には絶対的な信頼を置いていたのも入社のキッカケですね。要は、一緒に働く「人」に惹かれて入社を決めました。

ーー入社後、困難に感じたことは?

私は仕事をする上で「制限環境下で最大のパフォーマンスをする」というのが好きなんです。
しかしながら、THECOOに入ってみたら全然制限がなかった(笑) 今は「どこまでやればいいんだ?」「どこまでやっていいんだ?」と悩みながら仕事を進めていますね。 あと、自分は昔から非常に「サラリーマン気質」だった。会社から「これがミッションです」と与えられてきたのに慣れていたんですけど、THECOOでは「さあ、ミッションから作ってみよう!」っていわれる。 最初は戸惑いましたけど、でももう今は楽しんでます。私はその場その場を楽しむ能力には長けてるんです(笑)
色んな新しいことにチャレンジしまくってるうちに、セールスだけではなく、ビジネスマンとしての幅が広がったと思います。

納得するために戦い続ける。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

実は、何をやるかは特に気にしてないんですよね。 ただ、何をするにしても「納得」という言葉を念頭に置いて仕事しています。 どんなに不遇な環境になっても、戦い続けなきゃいけないですよね。そんな中、自分が納得できなければ、戦い続けられない。 最高のパフォーマンスを引き出すには、「納得する」ってことが大事だと思います。自分が「納得できる」ような仕事をし続けていきたいです。 そのための努力は惜しみません。
あとは、具体的には世の中のクリエイターを支援できるようなサービスやプロダクトを作っていきたいですね。クリエイターが安定して制作活動に専念できるような環境づくりをしていきたいかなって。 クリエイターの方に憧れていたり、尊敬してたりするんですが、自分には0(ゼロ)からクリエイトする力はない。だから、クリエイターが0→10に生み出すものを、自分が加わるとことで10→15にできるような仕事をしたいなって思います。

いろいろな経験をしたい人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

25~26歳くらいの世代で、今いる環境に悩んでる人に是非、THECOOに来ていただきたいと思います。
社会に飛び出してきて、ちょっと色んな仕事をしだして、自信を持てだした人。そういう人にはTHECOOという会社は向いていると思います。この会社でもっともっと、いろんな経験できますから。 あと、自分、人にも嘘つかない人。他人はもちろん、自分に対しても正直に向き合える人。

インフルエンサー事業部Studio Coup マネージャー

西村 裕之 / HIROYUKI NISHIMURA

広島大学 教育学部卒業。
2012年よりGoogle株式会社に入社、エンタメ業界、官公庁、消費財と幅広い領域でクライアントのマーケティング支援を行う。その後、Appbankを経て2016年THECOO株式会社へ入社。2017年ゲーム実況者のマネジメントや動画コンテンツのプロデュースを行う「Studio Coup」を新たに立ち上げ、企画構成提案・企画プロデューサーなどを主な業務とする。