HIROMI

TAKAHASHI

面白いこと
好きなことを
ビジネスにする

ーー入社したキッカケは?

もともと大手金融系のSlerに在籍していましたが、前々から地元の福島にビジネスで貢献したいと考えていました。そのために経営を学べたらと思い、外資系コンサルを中心に転職活動を行なっている時THECOOと出会いました。スタートアップの企業ということで本来の自分の目的の勉強にもなると思い、ちょっとスタートアップの話が聞けたらいいな、という気持ちで面接をお願いしました(笑)
しかし、面接で代表や一緒に働いている方の話を聞いているうちに、「好きなことをビジネス化する」「面白いから新しいことに挑戦する」というTHECOOのスタイルにどんどん聞き入ってしまいました。その中で自分が持ってる技術を活かせそうだなと思いました。
そして、元々自分がやりたい「地域貢献」にも、面白い・楽しい発想が必要だとも思っていたので、入社を決めました。

ーー入社後、困難に感じたことは?

前職が金融系のSlerだったため、ウェブ系のエンジニアとしては勉強中だと感じています。プログラミングのスキル、コーディングのスピード、知識、全てにおいてついていくのが毎日大変です。なにせWEB系の開発は初めてなので。でも、これまでの知識を活かせる部分・そうでない部分をスピーディに判断し、足りない部分をキャッチアップ。この繰り返しが非常に楽しいです。皆さん信頼してタスクを任せてくれるのが嬉しいし、「もっと頑張らなくちゃ!」という気持ちにさせてくれますね。リードしてくれるのが上手です(笑)
足りてないものに気づかせてくれて、その足りないものを補う材料(本・情報・オンライン学習など)を与えてくれます。また、コードレビューでより良い書き方を学んで覚え、それをすぐ実行できるので、身につくスピードが早いです。そのスピードについていくとその先には、実際の自分の作業がすぐにサービスに反映されるので、モチベーションアップにつながりますね。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

今は、とにかく日々スキルアップです。将来的にはPM(プロダクトマネージメント)で、もっと上流工程にも携われるようになりたいと思います。新しいサービスを生み出す瞬間に立ち会っていきたいです。0→1、1→10、10→100どのフェーズでも必要とされる「プロダクト開発の何でも屋さん」になっていきたい。
サービスとしては、作ったものに対して即座に反応が見られるBtoCを作りたいです。今後は、老若男女問わず、様々なエンドユーザーに喜ばれるプロダクトを開発していきたいです。
個人的な話ですが、私は実はアイドルオタクなので、何かアイドルに関連したサービスを世に出していくというのを密かに目論んでいます(笑)

ものすごく好きなことがある人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

自信が伝わるくらい「熱中」できることがある人。
THECOOの人間はみんな似てるようで、それぞれものすごく好きなこと、熱中できることがあって、個性的でやっぱりそれぞれ違うんですよね。似ているっていう部分では、新しいものに対して、前向きな人が多いというのが共通点でしょうか。何か意見を出した際に、まずは否定から入るのではなく、一言目に「面白い!」「とりあえずやってみようか!」みたいな言葉が出てくる人たちと一緒に働いていきたいです。

開発部エンジニア

髙橋 宏美 / HIROMI TAKAHASHI

東北大学大学院 情報科学研究科 卒業。
2012年に株式会社野村総合研究所に入社。SAPベーシスエンジニアとして、国内初や社内初となる製品導入プロジェクトの設計から開発・維持運用まで一連の工程を幅広く担当。
2017年4月よりTHECOO株式会社に参画。