HIDEKI

TANAKA

"できっこない
に挑む"
という魅力

ーー入社したキッカケは?

前職はWeb広告代理店で、その仕事も会社も大好きだったので、実は全く転職は考えていませんでした(笑)でも、弊社代表の平良や武井と出会い、ビジネスの展開や今後のビジョンを聞いているうちに、いつの間にかそのビジョンに魅力を感じ、自分ものめり込んでいました。二人に「一緒にやろう!」と言われ続け・・・(笑) 二人とずっと会話をしているうちに、自然とサービスをもっとこうしたい、THECOOをこんな会社にしたいという気持ちが芽生えていました。

ーー入社後、困難に感じたことは?

本当の意味で「できっこないに挑む」ということを理解できていませんでした。バイアスにまみれた自分の考えが、どんどんぶち壊されていくのを体感しました(笑)そして、今まで考えていた「在るべき姿」みたいなものがいい意味で崩れていきました(笑)今ではそれが、未来を見据えること、スケールを生み出すことだと理解し、本当のTHECOOの楽しさってここにあるんだと感じています。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

『価値』にこだわった新しいサービスを世の中に提供していきたい。 人それぞれ価値観は違っていて、受け取り手によって感じている価値の質って違っていると思います。 そのそれぞれ違う価値観に向き合い、満足してもらえるサービスをどんどん世の中に排出して、「新たなマーケット」を作り出していきたい。

刺激を与えてくれる人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

「この人には、敵わないなぁ~」とか純粋に尊敬できる部分が1つでもある人。それを感じる人って、その人が培ってきたものがあるっていう証だと思うんですよね。 今のTHECOOは、ただ楽しい会社ではなく、いい意味で一定の緊張感のある会社です。 そういう「刺激的な人」であれば、お互いを高め合いながら仕事に取り組むことができると思います。
結局のところ、私が入社したのも、平良が「刺激を与え続けてくれる人」だったからなのかもしれません(笑)

インフルエンサー事業部インフルエンサーマネジメント

田中 秀樹 / HIDEKI TANAKA

國學院大学経済学部卒業。
2008年に株式会社フルスピードへ入社。営業部門、サービス部門のマネージャーを経て2015年からはAdTechnologyを駆使した新規部署の立ち上げに部長として携わる。2016年6月、THECOO株式会社へ入社。インフルエンサー事業ではiCON Suiteの立ち上げに携わり、キャスティングから企画提案、インフルエンサー分析と、新規ビジネス開発を中心とした業務を担当。