ERI

AKATSUKA

人と長く関われる
ことの面白さ

ーー入社したキッカケは?

現HUITMORE代表の武井と3年前に仕事を通じて出会ったのがきっかけです。その際に、女性インフルエンサーに特化したマネジメント事業というHUITMOREのビジネス内容を聞いて、興味が湧きました。
一個人が自分自身で自らコンテンツを企画、制作、発信を行っている、いわゆる「インフルエンサー」と呼ばれる方々の活動を一気通貫でマネジメントし、彼女たちの活動支援を行い成長を促す、といった事業目的に共感したんですよね。
当時、人材紹介会社のコンサルタントとして働いていましたが、紹介する人財の転職活動には、スポット的にしか関われなかったんです。その人が、今後転職した企業でどう成長していくのかという部分に短期的に関わることはできても、長期的に関わることが難しかった。インフルエンサーという人財の成長に長期的に関われていけたら面白いなと思い、ジョインしました。

ーー入社後、困難に感じたことは?

WEBマーケティング、IT・ネット広告業界自体が初めてでした。なので、ネット広告の概念・ルールに関する理解がまず難しかったですね。
前職でも人財だったので、WEB業界への人財の紹介はしていたので、業界研究はしていました。ですが、必要な情報量が多すぎたので、勉強しなおしたりしましたね。
また、WEBマーケティングのスペシャリストが社内に多くいるので、入社当初はそういった先輩社員の方々に質問ばかりしてました(笑)皆さん、優しい方々ばかりなので、嫌がらず答えてくれましたけど(笑)
あとは、「インフルエンサー」という存在をクライアントに理解してもらうのが難しいと感じることは多くありますね。インフルエンサーがやりたいことと、広告主がやりたいことの歩み寄りの連続で。インフルエンサーと広告主の両者の理解をしなければならない立場です。最初の数か月間は本当につらかったですね。私は、自分で全てを負いすぎてしまうタイプなんで(笑)
そんなとき、社内の仲間や先輩が楽になる言葉をかけてくれて。見守ってくれたり、いい助言をくれる仲間によって、つらい経験も乗り越えることができました。この会社でメンタルがすごく強くなったと思います(笑)

関わった人の人生を少しでも良くしたい。

ーーこれから、どんな仕事をしていきたい?

やっぱり、人に関わる仕事を続けたい。自分と関わったことによって、少しでも相手の人生に変化があらわれるような。
その人のパフォーマンスやアウトプットするものがより良いものになったり。
人って、他者とのコミュニケーションによって、色んな方向に変化していくじゃないですか。そんな変化を楽しめる仕事がしたいな、と思います。

新しいことに楽しんで挑める人。

ーーどんな人と一緒にTHECOOで働きたい?

プライベートでも一緒に飲みに行ったり、ご飯に行きたいと思える人。
常識や固定概念に捉われない人。
広い視野を持った人。
THECOOは新しいことが多いので、前例がないものに対して楽しんで挑める人が、THECOOで楽しんで仕事ができると思います。
そういう人と一緒に働きたい。

インフルエンサー事業部インフルエンサーマネジメント

赤塚 えり / ERI AKATSUKA

岐阜県出身。実践女子大学 生活科学部卒業。
飲食業、女性向けECサイト運営などを経て、2014年より人財紹介会社に参画。企業営業・キャリアコンサルタント業から、塾運営・海外インターンシッププログラムなどの教育事業に至るまで幅広く携わる。
2018年1月よりTHECOO株式会社に参画。

Interview

社員インタビュー

Recruit Information

採用情報